Read Article

担々麺ビジネス

担々麺ビジネス。

昨日、大阪の担々麺のお店に行ってきました。

お店はココ。

麺や 蓮と凜 (メンヤ レントリン)
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27088389/

前日に関西の人気テレビ番組
今ちゃんの実は。で放送が入ってたので
激混み。

19時頃に到着したのですが
入れたのは20時45分。

寒空の中
1時間45分待ちw

そこで
待ってる間にいつものクセで
僕の趣味が始まります。

営業時間が何時間か。
席数が大体15くらいか。
販売価格が◯◯だから平均の客単価は
これくらい。
回転率は1時間で、、、

少なく見積もっても
月商で◯◯は超える。

テレビ放送が入って人は多いけど
仮に3分の1の客数でも成り立つな。。

などなど

そんなことを考えながら
自分たちの番が来て入店。

一番人気の
白胡麻担々麺を注文。

正直に言うと
確かに美味い。

でも
飛び抜けてここの担々麺は
ヤバい!とまではいかない。

ただ
このお店の色んな意味で上手い所は
“しめ”がある所。

しめに
お茶漬けとかの”しめ”です。

ここの
“しめ”はリゾット。

担々麺を食べ終わった後に
残ったスープを店員さんに渡すと

その残ったスープを使って
リゾットを作ってくれます。

確か
300円くらいで。

リゾットも本格的で
コレだけ食べに来てもアリ。

ほとんどの人が
担々麺を食べ終わった後にリゾットを
注文してました。

コレってお客さんにとっても
嬉しいし

お店にとっても嬉しいです。

お店側からすると
ラーメンの原価率は平均して30%~35%。

そこに
+300円の売上が追加出来て
客単価も上げれる。

しかも
これは残ったスープに
チーズと卵とご飯を入れるだけ

だから
ほぼ原価かからない。

お客さんも喜ばせながら
しっかり利益(もうけ)も出す。

さらには
大体みんなリゾットにして
スープまで全部飲みほすので
ゴミがでない。

環境にも優しいww

あと
キムチとご飯が無料で食べれるんですが

なんせ
キムチがめちゃくちゃ美味い。

キムチ屋より
キムチが美味いです。

ビジネスチャンスや儲けのネタって
実は街中に転がっています。

自分がいいなってお店。
人が多く集まってる所。

そうゆう所を分析していくと
結構面白いことに気づけますよ^^

いつも最後まで読んで頂いて
ありがとうございます。

小山

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top