Read Article

収入を上げ続ける極意

小山です。

最近、銀行の融資担当の方から
毎日のように電話が掛かってきます。

A銀行融資担当

「社長お世話になってます。
年利1%で融資させて頂きたいのですが、、」

B銀行融資担当

「社長!A銀行が1%ならウチは0.9%で
どうでしょうか?」

、、、、、

3年前までは
プロ◯スで年14%で30万借りることすら
大変だったのに。。

銀行は雨の日には傘を奪い。
晴れの日には傘を差し出す。

必要な時には貸してくれず
必要のない時には貸そうとする。

まさしく
そうだなーっと身をもって体験しました。

最近では
クラウドファンディングなども日本で
出てきて余計に貸せる所が減ってるんだなと。

銀行からすると貸し倒れが怖いから
貸してくれーって所は危ないし
できるだけ安全な所に貸したい。

そんなことから
ふと思ったんです。

3年前は借りたくても借りれなかった。
今は借りたくなくても借りてくれーって
毎日のように電話がなる。

はて?何が違うのか?

疑問に思ったことはスグ調べるたちなので
銀行の担当者に聞いてみました。


「どうゆう所に貸したいんですか?
何を見て貸すか決めるんですか?」

銀行担当者
「まず、他に借り入れがないか。
あとは入出金の履歴みますねー」

「バッと入金あるけど一気に減るとことかは
ちょっと考えものです」

「担保は取れるかもみます。
他は過去に借りてしっかり返済してるか?とかです」

「まぁ、”信用”できるかが一番ですね。
上司に説明もしなくちゃいけないので」

そう、信用です。

そこで
また、ふと考えたんです。

信用?信頼?
コレってビジネスでも人間関係でも
上手く出来てる人はずっと上手くいってるよなー。

逆に上手くいかなくなった人は
信用をなくしてる。

そこに気づきました。

当たり前といえば
当たり前なんですが。

例えば
僕の所にもよくこういった
メッセージがきます。

小山さん!
何か仕事手伝わせて下さい。
本気で稼ぎたくてしっかりやるので!
お金もいりません。


じゃあ◯◯を◯日までにやってもらえれば!

、、、、、、

約束の日を過ぎても連絡がありません。

そして
僕の方から連絡すると。

小山さん
あっ!すいません!
無料でやると言ったのですが現状でお金が
厳しくバイトをしながらの作業をしてました。
すいません。最高のクオリティのものを仕上げるので
あと、3日待ってもらえないですか?


了解です。また出来たら連絡下さい。

、、、、、、、、

こうゆう人が上手くいくはずありません。

他にも


「こうゆう商品があるんだけどどう?」

Aくん
「それ欲しいです!買うので予約お願いします!」

って言って
代わりに購入してから

Aくん
「やっぱり辞めときます。」

などなど。

こうゆう人は
信頼できないですよね。

約束を守ること。
信用を積み上げること。

コレがビジネスでも
人間関係でも上手くいくコツです。

信用や信頼関係が出来れば
思わぬ所からの紹介なんてのも
結構あります。

ビジネスであれば
お客様に対して約束をする。

それをしっかり守る。

約束出来ないことは約束しない。

例えば
誰でも稼げる月利◯◯出せる手法があります!
誰でも大丈夫です!

そうゆう形で募集して
実際は違った。

そもそも
顔出しもなしって言ってたのに、、、

こう思ったお客様は
次は買ってくれません。

二度と買うこともないでしょう。

そうすると
新規を取り続けなきゃいけないので
厳しいです。

逆にお客様との約束を守り
結果が出た。変われた。

そうなると
信頼は積み重なっていきます。

そういった
お客様が口コミをしてくれて
新しいお客様を連れて来て下さる。

人は自分が嬉しいことをされた時
感動した時は自然に誰かに話たくなるものです。

聞かれてなくても。

あそこのラーメン美味しかったよ。
あのお店って凄い接客がいいんだ。
◯◯さんは最後まで必ず話を聞いてくれるよー。
困った時は◯◯さんの所に行ったら良いよー。

時間はかかるかもしれないですが
信頼を積み重ねる。

約束を守る。

コレ本当に重要です。

簡単に。誰でも出来る。
そうゆう物も確かにありますが

簡単に出来るものほど
スグ使えなくなります。

高く積みあげようと思えば
それなりに手間暇をかける必要があります。

ラクを覚えると
ロクなことはないです。

お客様と約束をして
しっかり約束を守り続ければ
収入は上がります。

今上手くいってない場合は
いまいちど

約束守れてるかな?
信用や信頼を失う行動をしてないかな?を
考えてみて下さい^^

そして
そこに気づけたら
目の前にいる人との約束を守る。

信頼関係を築く。

コレを意識してやっていって下さい。
必ず変化してきます。

今日も最後まで読んで頂いて
ありがとうございます。

小山

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top